情報発信ビジネスを始める

ブログ記事が書けない?もともとターゲットにした過去の自分を思い返そう

こんにちは、高本です。

記事書いてコンテンツを増やしていくのって、なかなか難しいですよね。

ついこの間まで、いや昨日まで当たり前のように記事をかけていたのに、

今日急にどう書いていいかわからなくなったりとか。

僕も死ぬほどそういうことありますけど、大体は

”誰のために書いてたのか”を見失っていることが原因なんですよね。

コンセプトを考えたときに、ターゲットは決めたと思います。

情報発信ビジネスのコンセプトを考えるよりも前にやるべきこと

多くの場合は、過去の自分になっているはずです。

で、始めのうちはある程度順調に記事を書いていけるわけですね。

それが、他の発信者の記事をいろいろ見てみたり、

SEOを気にして記事を書いたりしてるうちに、

元々のターゲットの意識が薄れていくんですよね。

だから記事を書けなくなってしまう。

そんなときは、誰に向けての発信だったかをもう一度はっきり意識にあげましょう。

なぜ、過去の自分をターゲットにしたのか。

あんなことやこんなことで無茶苦茶悩んで、いろいろ調べたけどどうにもできなくて、

それでも必死で動いて、何でも試して、

投げ出さずにもがいたから、今のあなたがある。

その時その瞬間の自分だけには、今の自分から教えてあげられること、

一言言ってあげたいことがいくらでもある。

だから、過去の自分をターゲットにしてるわけじゃないですか。

ここで今一度あの時の自分をはっきり思い起こしましょう。

その自分の悩みを解消し、不安を和らげるために、

声をかけてあげられることが浮かんでこないですか。

それを記事にすればいいんです。

頑張っていきましょう。