情報発信ビジネスを始める

売りたい商品がない初心者でも情報発信ビジネスを始められる理由

こんにちは、高本です。

今回は、売りたい商品がなくても、情報発信は始められる

というテーマです。

一番最初は、売りたい商品がないと情報発信できないと思ってしまいますよね。

僕も情報発信ビジネスというものを知って、自分もこれをやってみたいと思ったときに

初めに浮かんだのは

「いやでも俺に売れる商品とかないやん・・・」
「お金をもらって提供できることかないやん・・・」

ということでした。

でも実はこれって、着目するポイントが少しずれているんですよね。

実際に焦点を当てるべきなのは商品ではなく、

僕たちの発信を聞いてくれる読者さんなんです。

お客さんとも言えましょうか。

読者さんがいれば、商品やマネタイズの部分は後から何とでもなるわけです。

ということで、その辺の話を詳しく見ていきましょう。

情報発信ビジネスは読者が大事

まずは、情報発信ビジネスについて軽く確認しておきましょう。

情報発信ビジネスは、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を軸にしているんでしたね

参考:情報発信ビジネスの全体像を2000m上の視点からとらえてみる

これは、”ダイレクト”に”レスポンス”を得ることを通してマーケティングを行うということです。

つまり、読者さん(顧客)と1対1のやり取りをすることが根幹にあるわけですね。

一人の読者と徹底的にやり取りをして、彼らの悩みを解決しようとする中で、

必要な商品やサービスがあれば、それを提供する。

そしてそこにお金が発生するから、ビジネスとして成り立つ。

そういうものでした。

だから、最初は商品がなくても、

自分が悩みを解決してあげられる人、そういう意味で価値提供できる人に対して、

徹底的にその人にコミットする。

その人と深く、濃い関係を築いていく。

それが一番大事なポイントなんです。

そんな関係の人がいて、初めて商品を考えることができるんですね。

だってそこまでいかないと、その人に何が必要かわからないから。

最初に商品を作って、それを売る人を探すわけじゃないんです。

今あなたの目の前にいる、その一人の悩みを解消できる商品を探してくるんです。

なければ自分で作るんです。

情報発信ビジネスの商品は後からでも作れる

ただそうはいっても、自分の商品を漠然とでもイメージできていなければ、

なかなかスタートを切りづらいのも事実だと思います。

僕も、何がどうなって自分の商品が生まれて、

自分の発信でお金を受け取れるようになるか、

一番初めは全く想像がつきませんでした。

それでどの方向に進んでいいかわからなくて、なかなか情報発信を始められませんでした。

なので、一般的な例をちょっと見てみましょう。

webライターの場合

あなたがwebライターとして情報発信するとします。

あなたはクラウドワークスなどで、単純な労働として記事を書いて月3~5万の収入があり、

そのジャンルで情報発信を始めるとします。

この場合の、序盤の簡単な流れとしては、

  1. ブログやSNSで情報を発信する
  2. あなたに興味を持った最初の一人が現れる
  3. その人と徹底的にやり取りをして、全力でその悩みを解決しに行く
  4. そこでの気付きや学びをまたコンテンツとして発信する
  5. 2人目3人目が現れる

とりあえずここまで。

最初の1人目~数人目ぐらいまでは、

お金とか商品のことは一切考えなくてもいいんです。

とにかくその人が理想の世界に行くために、

自分ができることを全力でやる。

それを何人か繰り返せば、

みんなに共通する悩みや、みんなが勘違いしていること、

ここだけわかってもらえたらスムーズにいくのに、、、

って言うことがいくつも出てくるはずです。

そこで、それを解決できるものとして商品を作ればいいんです。

もしくは、数人集まれば勉強会のようなこともできますよね。

さらには、人数が増えて一人一人にコミットできなくなってくれば、

直接やり取りするということを有料にすることも考えられます。

それがコンサルですね。

とにかく濃い読者、濃いつながりがあれば、

商品だとかマネタイズに関しては、何とでもなるということなんですね。

だから、商品がないことで悩んだり迷ったりしてるんであれば、

そんなことは一旦置いといて、とりあえず始めていきましょ。

何からやればいいかわからない場合は、とりあえず全体像から確認しましょう。

参考:情報発信ビジネスの全体像を2000m上の視点からとらえてみる

ここまでお読みいただきありがとうございました。