情報発信を始める

TEDに学ぶ、情報発信に実績とかスキルは必要ないというやつ

昨日、マーケティングとか情報発信がらみで、なんかいい動画ないかなってTED見てたんですけど、

めちゃめちゃいい動画ありましたw

僕個人が思い描いているのもそうだし、

みんなにもやってもらいたい、一緒にやっていきたい情報発信とかコミュニティ作りの感覚みたいなものを、ほんとにわかりやすく説明してくれてます。

特に、

「情報発信が現状を打破する鍵っていうは分かるけど、自分にできる気がしない」
「やる気だけはめちゃくちゃあるけど、どんな感じでやっていけばいいのかわからない」

ていうあたりのひとは、これ見たら僕たちの文脈での情報発信のイメージがブワーって出来上がっていくんじゃないかと、

そして自分にもできそうと思ってもらえるんじゃないかと。

なので、とにかく一旦見てくださいw

 

どうでしょうか。

「なんやそういう意識でやればいいんか、じゃあもういけるわw」

ってなってくれた人がいることを願いますw

でも、ほんとにこういうイメージなんですよ。僕らがやっていきたい情報発信ていうのは。

まあ一応補足というかもう少しかみ砕いて僕の解釈を共有しておくと、

結局情報発信ビジネスは“循環が起きる場を提供できるか“

だと思っていて、

情報発信だからといって、ただ情報を発信してるだけでは僕のところで見る意味なくて、別に他でもいいというか、特定のサイトである必要がなくて、

だからどんな場を提供できるかにかかってる。

僕らがやりたいのは、一方向にただ与える教える、それで終わりじゃなくて、

同じ方向を向いて頑張りたい人たちが一緒に集まってできるように、一人でやるのは難しいと思う人たちが頑張れるように、進みたい方向に向かっていけるように、そんな場を提供するイメージ。

そうやって抽象的な部分でつながった人が集まることで、一人ではできなかったことも、さらに大きなことも出来るようになる、そんなコミュニティ作りをしていきたい。

それで僕は、人生に循環を起こしていくために、まずは情報発信をやっていこう

って言ってるんですが、じゃあその発信はどういう風にやっていくかという、その抽象的な部分のイメージとか感覚をつかむためのものとしてこの動画がいいのではないかと。

上の立場の人が下の人に与えるニュアンスじゃないから、何か自分の掲げるものがあって信念があって、それだけあれば同じ熱意とか情熱を持った人が集まる場を提供してあげればいい、ただそれだけだから。

こっちから一方的に与えるのではなくて、そこに集まる人同士がつながる場を作るという意識、そしてもちろんそこには自分自身も参加していて、そういう人たちが一つの信念に基づいて行動していこう、そうやってコミュニティ内でも循環を起こしていこう、そんなイメージ。

だから実績がないとか、スキルがないとかほんまにどうでもいい話なわけ。

自分はどう生きたいか、どこに向かっていきたいか、それを提示すること、ただそれだけなんだと。

僕も改めて思いました。ほんとに。

一緒にムーブメントを起こしていきましょうぞ。

質問・感想・ご要望はこちらから!

世界一遊び心に溢れたいコミュニティ、始まりました。

昨日と同じ今日を繰り返すだけの日々を軽々脱出し、想定外連発で予定不調和の死ぬほどおもろい人生に突入するためのアプローチのあれこれを、真面目で不真面目にお届けする宇宙一遊び心に溢れたいコミュニティです。



一晩で人生の方向性を見定められてしまう特典

・人生の方向性がわからなくなり、今まで淡々とやってたことも手につかない

・このままいくとこの先確実におもんないが、次の一歩目をどこに踏み出せばいいかわからない

・やりたいことリストを作ったり自己分析してみるも、なんかモヤモヤしてる

・今できることは全精力を注いででもやる覚悟があるが、自分にとってのそれが何かわからない

・現状を変えたいというエネルギーだけは有り余ってるけど、それを向ける先がない

・「豊かな人生」「充実した人生」と検索したり「幸福論」も読んだけど、決定的な何かは見つかっていない

という方は、最初にすぐ受け取ってもらえる1万2千字オーバーのコンテンツとワークシートで作業するだけでも、びっくりするぐらいこの先がクリアになると思いまする。

人生の軸を「ブレインダンプ」「抽象度と統合」「人生曲線」などを駆使して見定めていく、という趣旨になっております。