人生の軸を見立てる

あなたの人生のテーマを発見する超具体的な2ステップ

「やりたいことがない」
「ワクワクすることの見つけ方」
「人生の目的」

みたいなことで悩んでグーグルで検索してみると、だいたい

「好きなことを見つけるための○○個の質問」
「やりたいことリストを書こう」

って出てきますよね。

それこそ自己啓発本死ぬほど読んでみたときもありましたけど、言ってることはほぼ同じでこういうの見ても正直、

「あーはいはい、聞いた聞いた」

としか思わないわけですよねw

なんでかって、こんなこと考えてみても何にもならなかった溢れんばかりの経験があるからですよね。

これはもうそらそうで、こんな浅瀬のところで5分10分考えたぐらいで自分が何をしたくてどうなりたいかなんてわかるわけないです。

といわけで、今回のテーマは「あなたの人生のテーマを発見する方法」です。

人生のテーマを発見する方法

悲しいことに死ぬほど胡散臭い言い回しになってしまいましたw

先に言っておくと、めちゃくちゃエネルギー使います。

6~12時間ぐらいぶっ通しで考えることになると思います。

本気でここまでの人生丸ごと全部統合して、ワンフレーズでまとめに行くので。

その代わりびっくりするぐらいすっきりすると思います。

今までの自分が何を求めて何をやってきて、どんな人にあこがれて、何をやってる時が一番楽しくてっていうのが全部説明つくようになるはずです。

具体的なやり方としては、人生曲線とブレインダンプ。

これまた胡散臭すぎる名称なんですが、今日だけ我慢してもらいたいですw

まあ、なんやねんて感じですよね。

とりあえずどんな感じで進めていくかっていうと、自分の人生を振り返って

「あの時エネルギーめっちゃ高かったな」
「あの辺の時期全然おもんなかったな」

みたいなのを考えていく。

で、その原因というか理由を考えていくと、

「自分の人生はこれを求めてた人生やったんか」
「俺はこういうものを獲得したいんやな」
「自分が大事にしてるのはこういう価値観か」

みたいなのが見えてくる。こんなイメージ。

まあこれはだいぶ雑に言いましたが、実際にやる作業は2つあって、

  • 人生曲線を描く
  • エネルギーを注いだこと、好きなことなどを書き出す

で、これをやるときにブレインダンプするのがいいと。

ちょっと想像しづらいと思うのでもう少し詳しく見ていきます。

ブレインダンプ

ブレインダンプは簡単に言うとアイデアを出すための手法で、無意識の部分にあるものまで引っ張り出してくるためもの。

このあと詳しく見ていくようなものを紙とペンを持ってガーっと一気に書き出していく。

で、もうこれ以上無理ってなったところからスタートするイメージで、そっからもう一段解ギア上げて書き出していく。

このときに無意識にある部分が出てくるっていう感覚。だから顕在意識にあるものを全部出し尽くして、頭の中カッスカスになった後に出てくるものに注目していく。

「もうマジで限界w」ってなってからプラスで10~20個ひねり出しに行く感じです。

そういうニュアンスで2つの作業をやっていきます。まずは人生曲線から。

人生曲線

これは自分の人生をグラフにして可視化するイメージです。

紙を用意して、横軸に時間(年齢)、縦軸に充実度・幸福度をとってグラフを描いていく。縦軸は0~100点みたいにとる考えやすいと思います。

例えば、小1小2ぐらいまではあんまり友達と遊んでなかったから40点で、そっから高学年にかけては友達も増えてきて、学級委員長もやったりで楽しかったから小6は80ぐらいで、中学は・・・、高校は・・・

みたいな感じで今の時点まで点数を決めてグラフを描いていく。

書けたら、グラフの明らかに高いところとか、低いところとか、グラフの傾きが変わってるところで起きたイベントを全部書き出していきます。

例えば、

  • 高校入学のタイミングでガクッと下がってるのは、環境が変わって中学の友達と離れ離れになったから。
  • 大学二年でサークルに入ったところからちょっとずつよくなっていったな~

という感じ。大げさに言うと、自分の人生のミニ転機みたいなポイントで起きたことを書いていく。

ちなみに僕の1つは大学1年生の終わりごろにふと、

「あれ、このままだらだらしてたら絶対やばいやん人生終わりやん」

って思ったタイミングで、そこからいろいろ動き出していったので傾きもプラスになってるっていう感じです。

で、次に2つ目。

エネルギーを注いだこと、好きなことなどを書き出す

こっちは、

  • 自分がエネルギー(時間、お金、労力など)を注いだ・夢中になった・挑戦したこと
  • 影響を受けた人・憧れの人・好きな大人
  • 人生の挫折、辛かったこと、失敗
  • 自分の好きなこと、考えるだけでワクワクすること

あたりのことをブレインダンプします。

時間をかけて徹底的に出し切ります。本当にもう全部出し切ります。

全部出し切ってからタイマーで20分計ってラストスパートかけるぐらいがいいと思います。

めっちゃ時間かかっていいです。僕は6時間ぐらいぶっ通しでやりましたので、それぐらいやっていいですw

この2つが終わったらあとは人生を統合するフェイズに入っていきます。

人生の統合

ここでのポイントは、人生の軸(理想の世界)根本原因を見立てることです。

この2つは同じというか、反対というか、裏表というか、対というか、言い方むずいんですけど要は

  • こういうときに充実度高い
  • 逆にこういう時は全然おもんない
  • こういう風になるために動いていた
  • この行動はこれが目的だったのかもしれない

みたいなことをグラフと2番目にやったことから読み取って、

「こんな世界に向かっていきたい」
「こんな自分になりたい」
「人生のテーマはこういうことかもしれない」

ってな感じで、人生のすべての転機や自分の価値観を全部ひっくるめて統合していくイメージ。

で、そのときに

「そんな理想の世界に行きたい自分を今妨げているもの、それのせいで今のステージにとどまっている、それを獲得する(もしくは取り除く)ことで人生の軸に沿って生きることができるもの」

が根本原因のイメージです。

人間みんな幸せになりたいっていうのが根底にあるので、人生の軸とか理想の世界は似たようなものになるというか、人によっては同じっていうこともあると思います。

ただ、自分の言葉とかニュアンスで見立てることが大事です。

ちなみに僕のテーマをふわっと言うと、

「感覚に従っておもろい方向に進んでいく、そしてそこに人を巻き込んで循環を起こす」

っていう感じです。

僕の中では「感覚」っていうのがキーワードですけど、「自由」「自然」「本能」とか人によって別の言葉がしっくりくるのは普通なので、自分の言葉で表現してみてください。

もちろん全然違う概念でも大丈夫です。

今は説明のためにしっかりした文章にしましたけど、僕の中では「感覚と循環」でしっくり来てるので、自分の中で腑に落ちるキーワードに凝縮してもいいです。

イメージとしては、

「え、俺の人生のキーワード絶対これやんwだってこの言葉で明らかに自分の人生の起伏説明できるし、思い返してみても今まで頑張ってきたことって全部ここにつながっていくやつですやん!w」

ぐらいにしっくり来てたらひとまずはおっけいだと思います。

で、完璧にはしっくり来てなくても大丈夫です。

ある程度暫定で決まれば、毎日ちょっと時間あるときに考えたりしてたらそのうち、

「まあでもこれか」

ってなってくると思うし、何なら記事書いていったときにもっとはっきりしていくこともあるし。

とりあえずこれで人生の軸なのかテーマなのかは決まりましたと。暫定でもいいですw

まとめ

どうですかね。

なかなか文字だけでは難しいかもしれないんですけど、何回か読んでみてください。

めちゃくちゃエネルギー使うのがしんどいだけで、やること自体はシンプルだと思います。

これで今日も最強モードに突入していく人が2万人ぐらい増えました。

まあ、何かわからないところとかあればメールしていただけたらと思います。ちゃんと全部返信しているのでw

もしくは、「人生のテーマをこんな感じで見立ててみたんですけどどうでしょう」みたいなメールでも大歓迎なので、気軽にこちらまでどうぞ!

本日はここまでです。お読みいただきありがとうございました。

世界一遊び心に溢れたいコミュニティ、始まりました。

昨日と同じ今日を繰り返すだけの日々を軽々脱出し、想定外連発で予定不調和の死ぬほどおもろい人生に突入するためのアプローチのあれこれを、真面目で不真面目にお届けする宇宙一遊び心に溢れたいコミュニティです。



一晩で人生の方向性を見定められてしまう特典

・人生の方向性がわからなくなり、今まで淡々とやってたことも手につかない

・このままいくとこの先確実におもんないが、次の一歩目をどこに踏み出せばいいかわからない

・やりたいことリストを作ったり自己分析してみるも、なんかモヤモヤしてる

・今できることは全精力を注いででもやる覚悟があるが、自分にとってのそれが何かわからない

・現状を変えたいというエネルギーだけは有り余ってるけど、それを向ける先がない

・「豊かな人生」「充実した人生」と検索したり「幸福論」も読んだけど、決定的な何かは見つかっていない

という方は、最初にすぐ受け取ってもらえる1万2千字オーバーのコンテンツとワークシートで作業するだけでも、びっくりするぐらいこの先がクリアになると思いまする。

人生の軸を「ブレインダンプ」「抽象度と統合」「人生曲線」などを駆使して見定めていく、という趣旨になっております。