コラム(?)

狭いコミュニティに長くいると、その外にいる人間と会話出来なくなるという話

普段どんなコミュニティに属してますか?そのコミュニティ外の人と、どれぐらい接する機会ありますか?

コロナの年の夏に、友達4人で鳥取にドライブに行きました。

その友達と会うのは、中学卒業して以来初めて。僕以外の三人は何回やりとりしてたみたいでした。だから僕だけほぼ初めましての状態。

で、車内で喋ってたんですけど、話がわからなすぎた。もうまじでわからんかった。

めっちゃ印象的やったのが、なんか横文字がちょいちょい出てくる感じで3人で喋ってて、「これ何の話やろな~」って思ってた。

で、結構頑張っていろいろ想像してたんですけど、まったくわからなくて。別に仲良かったらすぐ聞けばいいけど、ほぼ始めましてぐらいの久しぶり。自分以外がどれぐらい仲いい感じなのかもわからない。

だからその3人の中で、共通言語がどの範囲なのか見当がつかない。もし3人の中では常識過ぎる話だったとしたら「それ何の話?」って入っていくと、なんか空気変な感じになりそう、とか。

そんなことを思いながらしばらく聞いてたわけです。それで、いよいよちょっと一発聞いてみようと思って「これずっと何のこと言ってるん?」みたいな感じで言ってみた。

そしたら

「あー梅田のタピオカの店やで」

って。いやそれはわからんw

僕は大学で物理学科にいたわけですけど、そこの友達といると梅田のタピオカ店の話にはなりません。

授業とかレポートとか、そこでの人間関係の話で十分なわけです。

他にも、ある歌が流れてた時に「これ知ってる?」って聞かれて。「何の歌?」って聞き返したら「YOASOBIの夜に駆ける」

たしかちょうど流行りだすギリギリぐらいの時で、聞き覚えなかったので「何で有名なん?主題歌とか?」ってもっかい聞いてみました。

そしたら「んーわからん」って。

え、そんなことある??絶対なんかきっかけあるやん。急に人気なん?なんで?意味わからん。

謎すぎてプチパニックですよね。

しかももう1個あって。菅田将暉か誰かの映画の話になって、それも全然知らなかったんですよね。

そのタイミングで、もうめちゃくちゃ思いましたよね。

「俺普段どんだけ狭い世界で生きてたんや」

どんだけ狭い交友関係で、話題で、コミュニティで過ごしてたんだと。俺全然おもんないやつやんっていうw

別に流行りに詳しいとか、知識あればえらいとかそんな次元ではなくて。自分が普段生活しているコミュニティ、そこにいる人としかまともに話できないんやと思って、めっちゃ怖くなってきましたよね。

そこでしか通用しない人間ということです。いやこれはやばすぎる。いつものちょい外に出てみると何もできない。ひとつの分野ちょっと詳しいだけのやつ。

ほんまにやばいと思いました。

それでそこからはとにかく、いつもと違うこと、普段関わらない人、新たなコミュニティ。ひたすら変化を起こしていくというか、「変化こそ柔軟性こそが正義である」ぐらいの感じで動いくわけなんですけど。

今いる枠から抜け出していく感覚というか。

そこからの1年半ぐらいを思い返すと、激動って感じですよねwでも人生のグラフを描くとしたら、絶対そのあたりから傾きがグイーンってなっていってる。

別の研究室、別の学科の先輩・後輩ともかかわりができたり。地元の友達からその友達、そのまた友達へと輪が広がっていったり。いろんな人と話す中で、他人との違いが明確になっていったり。大学院まで行って就職、以外のルートでも全然いいんだということに気づけたり。

そうやってつながっていった友達の誘いで、今から3か月後に南米に行くことになりました。こうやって、どんどんいろんな人に巻き込まれていくのがおもろいですよね。

主体的に巻き込まれていくというか。その期待値を大きくする行動をしていくというか。

小さいところからでも循環を起こしていってると、どこかで大きな転機的なものがくる。そこでバンジージャンプをかますのがおもろい。ちゃんと遊んでると確実におもろくなっていく。

今回はそんな話でした。感想ご質問などはこちらから承っております。確実に返信しておるという噂です。

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

世界一遊び心に溢れたいコミュニティ、始まりました。

昨日と同じ今日を繰り返すだけの日々を軽々脱出し、想定外連発で予定不調和の死ぬほどおもろい人生に突入するためのアプローチのあれこれを、真面目で不真面目にお届けする宇宙一遊び心に溢れたいコミュニティです。



一晩で人生の方向性を見定められてしまう特典

・人生の方向性がわからなくなり、今まで淡々とやってたことも手につかない

・このままいくとこの先確実におもんないが、次の一歩目をどこに踏み出せばいいかわからない

・やりたいことリストを作ったり自己分析してみるも、なんかモヤモヤしてる

・今できることは全精力を注いででもやる覚悟があるが、自分にとってのそれが何かわからない

・現状を変えたいというエネルギーだけは有り余ってるけど、それを向ける先がない

・「豊かな人生」「充実した人生」と検索したり「幸福論」も読んだけど、決定的な何かは見つかっていない

という方は、最初にすぐ受け取ってもらえる1万2千字オーバーのコンテンツとワークシートで作業するだけでも、びっくりするぐらいこの先がクリアになると思いまする。

人生の軸を「ブレインダンプ」「抽象度と統合」「人生曲線」などを駆使して見定めていく、という趣旨になっております。