人生を突破するニュアンス

知らない人と話す機会があることが、豊かな生活につながりそう

なるべく豊かな日々を過ごしたいっていうのはみんな同じく思うことですよね。

豊かってなんやねんていうのは今回は深堀しないので、漠然とみんなが想像する豊かな感じということでw

で、どういう風に過ごした時に豊かな一日だったと思えるかっていうのが、最近というかかなり前から気になってるんですが、1つありそうなのは、

知らない人と話す機会があったか。

これは結構豊かさにはかかわってくると思ってて、昨日まで知らないしゃべったこともない人とのコミュニケーションっていうのは、シンプルに新鮮ですよね。

同じ日々の繰り返しになってるときほど退屈に感じるので、新鮮なことっていうのはそれだけで豊かさポイントアップだと思うんですね。

で、ちょっと前に友達と二人で登山に行ったんですけど、頂上でこんな感じで写真撮ってたら、

「どこから来たの?」

って後ろから急に誰かに話しかけられて。

ぱっと振り向いたら、タオルを頭に巻いた小柄で優しそうなおじいちゃん。

しばらく話してみると、どうやら日本中の山を登り歩いてるみたいで、今回はたまたま地元の山に来ていたと。

で、観光に来た学生たちを家に泊めてあげたりもしてるらしいんですね。

僕たちも

「今日家くるか?」

って言ってもらったんですけど、レンタカーの都合で叶わず。

最後に「写真撮りましょう!」ってことで一枚だけ写真撮って帰ってきたんですね。

で、この日なんか心がすごく満たされた感じがして、「あーめっちゃいい一日やわー」ってじんわりにじみ出てきたんですよねw

それ以来、「人生でもっとこんな日を増やしていかねば!w」ってより一層思ってるわけです。

知らんがなって感じだと思いますがw

もちろん毎日山登るわけにはいかないし、毎回そういう出会いがあるわけでもないですので、

じゃあどうするかってなったときに、これはやっぱりなるべく”知らない人と話す機会を増やす”って言うことになると思うんですね。

店員さんに声かけるとか、公園のベンチに座ってるおっちゃんに話しかけるとか、知らない人が集まる場に行くとか。

正直僕もまだ毎日は出来てないですけどw、でもやっぱりそういう瞬間の新鮮さは心地いいわけです。

何が豊かに過ごせる要因か、そもそも豊かとは何か。

その辺はいろいろあるでしょうけど、まずは知らない人と話す機会を増やす、作るって言うことを着実にやっていくのが大事なのではないかと感じている今日この頃でした。

―以下、追記ー
そういえばこんな話TEDにもあったなと思いまして調べてみたところ、無事発見いたしました。

これですね。タイトルは「知らない人と話すべき理由」

そういえば昔この動画を見て「確かに大事やなー」とうっすら思ってたような気もします。

ただ、今回の山での経験で”知らない人と話すことが大事”ということが、身体感覚を伴った実体としての理解に変わったわけですね。自分の身をもって肌感覚で分かった感じ。

この”身体感覚と理解”っていうのはこれまた最近気になってるテーマなんですが、ただ情報として知っていることと理解するということは違うってよく言われますよね。

で、そこには身体が大きくかかわっているだろうと。

つまり五感を通しての入力があるかがかなり大事なのではないかと思ってるんですが、

今回は関係ないのでまたなんかの機会に取り上げてみたいと思いますw

ここまでお読みいただきありがとうございました。